>> おすすめの配信アプリランキング

ハクナライブは安全?怪しいという噂や危険性について紹介

5.0
配信

2019年7月に日本でのサービスが開始されたライブ配信アプリ「ハクナライブ」。

11月の現在では日本でも利用者が急上昇中ですが、そんな中で以下のような疑問を持っている人もいるかと思います。

かわいいアイコンのアプリだけどちょっと怪しい。個人情報が漏れたりしないか怖い。

海外のアプリって聞くとちょっと不安。

ハクナライブに対してそんなイメージを持っている人は、ぜひ続きを読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

日本版ハクナライブを運営しているのは日本企業

ハクナライブの本家アプリは「HYPER CONECT」という韓国企業が運営しています。

HYPER CONECTを代表するアプリとしては、全世界で2億ダウンロード以上されている「Azar」というビデオ通話アプリ。

この情報だけでも運営元が信頼できそうですが、さらに付け足しますとハクナライブの日本版アプリを運営しているのは「MOVEFAST company」という東京に本社がある日本企業です。

Google検索などで「MOVEFAST company」と検索すれば働いていた人の口コミ評判がしっかりと載っているので、気になる人はチェックしてみてくださいね!

下記のボタンから飛ぶことも可能です。

MOVEFAST company
検索

 

ハクナライブは安全?個人情報が漏れたりする危険はある?

アプリを運営しているのは日本企業だって聞いて安心したけど、本当に危険性はないの?

そんな疑問を感じている人もいるかと思います。

そんな人のためにハクナライブの危険性についていくつかご紹介。

 

配信は運営が24時間監視している

監視という表現は怖く感じますが、これは普通にアプリを利用しているユーザーにとってはメリットです。

ライブ配信はアプリをインストールしている人なら誰でも視聴できるため、中にはコメントで誹謗中傷をしたり妨害行為をする人も少ないながらいます。

これはハクナライブに限らず、どの配信アプリでもあり得ることです。

そういった悪質なユーザーをすぐに対処するために、ハクナライブでは運営が24時間365日しっかりと配信を見守っていてくれます

違法行為をおこなっていないユーザーからしたらメリットしかないですよね!

 

自分が個人情報を漏らさなきゃ安全

快適に配信活動ができるハクナライブですが、1つだけ注意しなければいけない点があります。

それは自分で個人情報をばら撒いてしまうこと。

どんなに運営がしっかりしていても、配信中に自分で個人情報を流出してしまっては意味がありません。

よくあるパターンとしては以下です。

配信中に注意すべきこと
  • 自分で実名や住所を教える
  • 配信画面に個人情報が書かれた物が映る
  • 自宅からの眺めを配信で映す

実名は人によって問題ないかもしれませんが、住所を晒すのは絶対に辞めたほうがいいです。

そして「匿名だから安心」と油断して配信画面に個人情報が映らないようにも注意。よくあるパターンとしては、住所名前が書かれたハガキが配信に映ってしまうなど。

身バレしたくない人は、自宅の窓から見える景色なども映さないほうが良いです。

ニュースでも取り上げられて話題になりましたが、家から見える景色だけで住居を特定できる人も存在するのです。

上記のようにライブ配信にはいくつかの危険性がありますが、ハクナライブには画面を映さずに出来るラジオ配信モードが存在します。

そういった意味では、他の配信アプリよりも危険性は少ないです!

 

まとめ

この記事のまとめ
  • ハクナライブを運営しているのは日本企業なので安心
  • アプリは危険がないよう運営が監視してる
  • 配信時に自分で個人情報を晒さないよう注意

どのアプリでもそうですが、急に人気が出て知名度が上がってくると安全性や危険性などが話題になるものです。

ハクナライブはわたし自身も実際にアプリをインストールして利用していますが、怪しい点はないので安心してくださいね!

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料posted withアプリーチ

コメント