>> おすすめの配信アプリランキング

【2019】増税後おすすめのPay(ペイ)シリーズを比較して紹介!

増税後-キャッシュレスでポイント還元-おすすめは電子決済サービス電子決済

2019年10月まで残り数日。

10月からはついに消費増税10%が来ます。

消費税が8%から10%になるとあって、増税前に急いで買い物をしている人も多いのではないでしょうか。

2%は結構大きいですもんね!

しかし皆さんに知っておいて欲しいのですが、10月からは多くの店・商品がキャッシュレス還元対象になり、クレカや電子決済で購入することによって5%分の値段が還元されます。

この記事では5%還元の仕組み、さらにお得に買い物をするためには電子決済サービスがお得だよということを紹介しています。

よろしければ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

増税後キャッシュレスで消費者にポイント還元とは

増税後のキャッシュレス還元とは

増税後からキャッシュレスで消費者にポイントが還元ってどういうこと?難しくてよくわかんない。。

そんな人もいるのではないかと思います。

しかし難しく考える必要はまったくありません。

いつもの買い物をクレカや電子決済サービス(PayPay・LINEPay)でおこなえば良いだけです。

それだけで買い物した5%分の値段が戻って来ます。

  • クレカなら請求額から5%分減算
  • デビットカードは口座に付与
  • Pay系は残高にチャージされる

※追記:クレカはカード会社によって還元方法の違いがあるとのこと。ご自分が利用しているカード会社の公式サイトを確認してみてくださいね!

ちなみに今回のキャッシュレスポイント還元ではタバコ・お酒・雑誌などもポイント還元の対象に含まれています。

しかし商品券、電子マネー、切手、自動車、家などは還元対象外になっているので注意です。

 

キャッシュレスで還元されるのは対象店舗だけ

キャッシュレスでポイント還元されるのは対象店舗のみ

キャッシュレス決済で5%還元されるお得な仕組みですが、効果が発揮されるのはポイント還元対象店のみとなっています。

と言っても、スーパー・コンビニをはじめ他にも多くのショップで導入予定になっているので安心してください。

企業たちも生き残るためにはお客さんに来てもらうしかないですからね!

ちなみにポイント還元の対象店舗については経済産業省が出している下記の公式アプリで確認することが可能になっています。

ポイント還元対象店舗検索アプリ

ポイント還元対象店舗検索アプリ

一般社団法人キャッシュレス推進協議会無料posted withアプリーチ

上記アプリは登録不要で使えますが、現時点では検索機能がないのでぶっちゃけ使いづらいです。今後改善されると思いますが。

 

対象店舗でも2%還元と5%還元がある

キャッシュレスのポイント還元-フランチャイズは2%

次に注意していただきたいのが、対象店舗でも2%還元の場合があるということ。

基本的にはキャッシュレス決済で5%還元されるのですが、フランチャイズの店に限り2%還元になっています。

よくあるフランチャイズとしてはコンビニなどでしょうか。

先ほど紹介した「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で対象店舗が5%か2%還元は見れるようになっているので、不安な方はそちらでチェックするのが確実です。

 

月ごとにポイント還元の上限額が決まってる

毎回5%帰ってくるなら消費税8%のときよりむしろ安くなってない?

そう感じた人もいるかと思います。

しかし国がそんな損をする政策をするわけないですよね。。

残念ながら月ごとにポイント還元してもらえる上限額が決まっているのです。

有名どころの決済方法をまとめると下記。

ポイント還元の上限一覧
方法上限
クレカ15000円/月(例外あり)
LINEPay30000円/月
PayPay25000円/月

クレカよりも電子決済サービスの方が上限額が多くなっています。

上記のグラフを見て気づいた人もいるかと思いますが、ポイント還元の上限は方法ごとに別れているということになります。

つまり複数の方法で買い物をすれば上限額を伸ばすことが可能なのです!

 

増税後におすすめのPayシリーズを比較

ここまでキャッシュレスで5%還元の仕組みについてお話してきましたが、私がおすすめする購入方法はLINEPay、PayPayなどの電子決済サービスです。

上限額がクレカよりも多いということももちろんですが、それに加えて各種サービスごとに更にポイントを還元してくれるキャンペーンを同時実装するからです!

現在10月1日からお得なキャンペーンを発表しているのはPayPayとLINEPayの2つ。

Pay系のポイント還元イベント
サービス還元率上限期間
PayPay5%+5%=10%1000円/回、25000円/月11月30日まで
LINEPay5%+2%=7%なし2020年6月30まで

LINEPayはMAXで7%

どちらもキャッシュレス還元の5%+各社が自腹で還元といったキャンペーンになっています。

PayPayは1回の会計につきMAX1000円まで還元、月の上限価格は25000円という制限が付いています。

ちなみに上記のPayPay上限額は会社が自腹で払う価格の上限です。

キャッシュレス還元の上限が25000円/月、PayPay還元の上限が25000円/月とは別々の判定になっているので安心してくださいね。

これからLINEPay、PayPayのポイント還元キャンペーンを詳しく紹介していきます。

 

PayPay

まちかどPayPay-対象店舗

PayPayは10月1日から「まちかどペイペイ」というポイント還元キャンペーンをおこないます。

上記画像のポスターなどが貼られている店が対象店舗です。

対象店舗でPayPay残高支払い、もしくはヤフーカードで支払いをすることによって10%のポイント還元を受け取ることができる仕組みになっています。

消費者還元補助:25000円/月
キャンペーン:1000円/回、25000円/月

キャンペーン詳細ページまちかどペイペイ

関連記事PayPay(ペイペイ)の登録方法・使い方 | コンビニでチャージする方法も紹介!

 

LINE Pay

LINEPay-消費者還元制度-キャンペーン

LINEPayも10月1日から消費者還元制度のタイミングでキャンペーンをおこないます。

内容としてはキャッシュレス決済の還元5%+マイカラーに応じて最大2%還元するという仕組みになっています。

マイカラーってなに??

そんな人もいるかもなので簡単に説明すると、LINEPayは毎月の決済価格に応じてアプリ内カードの色が変わるマイカラー制度という仕組みを導入しています。

マイカラー制度の仕組みをまとめると下記です

LINEPayマイカラーの仕組み
条件付与率
グリーン月100,000円以上の決済2%
ブルー月50,000〜99,999円の決済1%
レッド月10,000〜49,999円の決済0.8%
ホワイト月0〜9,999円の決済0.5%

毎月の決済価格が多いほどポイント付与率が高くなるようになっており、マイカラーがグリーンの人はキャッシュレス決済の還元5%+マイカラー2%で合計7%が残高に戻ってきます。

そしてマイカラーは前月の決済価格に応じて毎月切り替わります。

月100,000円も使うなんて絶対むり!!

そう思う人もいるかもしれませんが、近頃は増税が近い影響か電子決済を導入しているショップがかなり増えています。

スーパー、コンビニ、飲食店など大体のところではLINEPayを利用できるので、毎月の食事代だけでも30,000円くらいはいくのではないでしょうか。

特に10月からは消費者還元補助キャンペーンでキャッシュレス決済がお得になるので、出来るだけ現金以外で払いたいですもんね!

今回のLINEPayのキャンペーンはPayPayよりもだいぶ期間が長いので、PayPayの10%還元が終わったらLINEPayに乗り換えるのもありかもしれません。

消費者還元補助:30,000円/月
キャンペーン:上限なし

キャンペーン詳細ページLINE Pay-キャッシュレス還元

 

まとめ:おすすめは複数の電子決済サービスを活用

PayPay、LINE Payどちらもお得なイベントを開催しますが、月に還元できる上限額が決まっています。

ですが、2つの電子決済を利用すればよほど買い物しない限り還元額の上限を超えることはありません

まだ電子決済を利用していない方は、この機会にPayデビューしてみてはいかがでしょうか!

のーふぇいす
のーふぇいす

この記事が役にたったら下記のボタンからシェアしてくれると嬉しいナ!

コメント