ハイボールにおすすめのウイスキー20選

【レビュー】響JAPANESE HARMONY | 味の評価・おすすめの飲み方

響JAPANESE HARMONY-味の評価レビュー-おすすめの飲み方ウイスキー

この記事ではサントリーが販売している大人気ウイスキー「響JAPANESE HARMONY」を実際に飲んだ評価レビューを紹介しています。

味の特徴について記したテイスティングノートも載せているので、よろしければ参考にしてみてくださいね!

 

響JAPANESE HARMONYとは

響JAPANESE HARMONYとは
商品名響JAPANESE HARMONY
販売会社サントリー
蒸留所山崎、白州、知多蒸留所
発売日2015年3月10日(水)
種類ブレンデッドウイスキー
内容量 / アルコール度数700ml / 43度
希望小売価格¥5,000(税抜)

「響JAPANESE HARMONY」はサントリーが生産販売をおこなうブレンデッドウイスキー。

日本の四季、日本人の繊細な感性、日本の匠の技を結集したウイスキー” をコンセプトに製作された、これぞジャパニーズというウイスキーです。

2015年3月に発売された比較的新しいボトルですが、現在は響シリーズの中で最も安価なレギュラーボトルとなっています。

響JAPANESE HARMONYの原酒構成を考えたのは、「ウイスキー碧Ao」を開発して話題となったサントリー5代目チーフブレンダー福與伸二(ふくよしんじ)さん。

響JAPANESE HARMONYは下記の3つの蒸留所で作られた原酒をブレンドして作られています。

響JAPANESE HARMONYの構成原酒

山崎蒸留所モルト原酒

白州蒸留所モルト原酒

知多蒸留所グレーン原酒

上記の蒸留所で作られる30種類以上のさまざまな原酒をブレンドして作られていますが、味のキーとなっているのは山崎蒸留所のミズナラ樽原酒。

ノンエイジ表記のボトルであるものの、ブレンドされている原酒の平均熟成年数は10年と非常にご豪華なブレンデッドウイスキーです。

 

響JAPANESE HARMONY Master’s Selectとの違い

響JAPANESE HARMONYと響JAPANESE HARMONY Master's Selectの違い
響JAPANESE HARMONY Master’s Selectの違い

「響JAPANESE HARMONY」に酷似しているウイスキーとして、「響JAPANESE HARMONY Master’s Select」があります。

この2つの違いとしては、Master’s Selectは免税店限定販売だという点。

さらに、普通の響JAPANESE HARMONYには含まれていない山崎シェリーカスク原酒がMaster’s Selectにはブレンドされていることです。

サントリーさんの真意は分かりませんが、海外ではシェリー風味のウイスキーが好まれる傾向があるため、それを考慮して海外向けにブレンドしているのかもしれません。

 

響JAPANESE HARMONYの現在価格・入手方法

2021年1月現在、響JAPANESE HARMONYはネットショップで¥11,000〜という価格で販売されています。

希望小売価格は本来¥5,000(税抜)なので、2倍近いプレ値が付いていることになります。

しかし入手難易度が非常に高いのも事実。響や山崎などのサントリーウイスキーは人気が高いため、実店舗でも定価販売を見かけるのはかなり稀です。

そのうえ、コンビニで定期的にミニボトルが販売される山崎・白州と違い、響JAPANESE HARMONYはフルボトルのラインナップしか存在しません

ネット上に定価で出品されることはまずないので、定価購入を目指すなら定期的に酒屋・百貨店・スーパーなどをチェックする根気が必要です。

 

響JAPANESE HARMONYの評価レビュー

響JAPANESE HARMONY-味の評価レビュー
響JAPANESE HARMONYの評価レビュー

テイスティングノート

香り:ミズナラ樽由来の白檀、フローラルな蜜、アロマで芳醇な麦、オーキーな樽香

味わい:クセのないまろやかなハチミツ、ミズナラ樽由来のオリエンタル風味、ほんのり気にならないレベルのアルコール感

余韻:すっきりとした嫌味のない苦味、舌にねっとりとした甘い蜜感がしばらく続く

評価

4.5
飲みやすさ
5
価格(定価)
3.5
入手難易度(定価)
2

いつまでも匂いを嗅いでいたくなる心地よい風味のウイスキー。

口触りは少し粘性のあるオイリーでトロッとした感触。甘さは強いですが、ほんのり苦味のある強めのスパイス感もあります。

ほんのりアルコールの風味は感じるものの、全然気にならないレベル。

響シリーズの中では最も安価なレギュラーボトルですが、完成度で言うなら上位モデルの「響BLENDER’S CHOICE」よりも上だと個人的に思っています。

定価での入手難易度が高いのがネックなものの、常飲ボトルとして家に置いておきたいと思える美味しいウイスキーです!

 

響JAPANESE HARMONY おすすめの飲み方

響JAPANESE HARMONYの最もおすすめな飲み方はロック。

ストレート、トワイスアップ、ロック、ハイボール、どの方法で飲んでも非常に美味しいウイスキーですが、まろやかさが増して喉触りがよくなるロックが個人的に好み!

◇トワイスアップとは
ウイスキーと常温の水を1:1で割る飲み方。ストレートよりも香りを感じ安くなるのが特徴。

もともと甘みが強いウイスキーということもあり、トワイスやロック、ハイボールで薄めてもしっかりと旨味を感じとれます。

どんな飲み方との相性も抜群なので、購入できた方はいろいろ試して自分好みな飲み方を探すのが良いかもしれません。

よろしければ参考にしてみてくださいね!

コメント