ハイボールにおすすめのウイスキー20選

【レビュー】ザ・ラッキーキャット ハナ | 味の評価・おすすめの飲み方

ザ・ラッキーキャット ハナ-味の評価レビュー-おすすめの飲み方ウイスキー

この記事では本坊酒造が販売する大人気のウイスキー「ザ・ラッキーキャットシリーズ」の第5弾となる「ラッキーキャット ハナ」を実際に飲んだ評価レビューを紹介しています。

香りや味について記したテイスティングノートも載せているので、よろしければ参考にしてみてくださいね!

 

ザ・ラッキーキャット ハナとは

ザ・ラッキーキャットハナとは
商品名The Lucky Cat Hana
販売会社本坊酒造
蒸留所マルス信州蒸留所
発売日2020年2月1日(土)
販売数限定3,000本
種類ブレンデッドウイスキー
内容量 / アルコール度数700ml / 43%
希望小売価格¥4,950(税込)

本坊酒造が販売しているブレンデッドウイスキー。大人気の「ザ・ラッキーキャットシリーズ」の第5弾ボトルとなります。

ボトル名発売日
ラッキーキャット サン2015年9月25日(金)
ラッキーキャット アッシュ992016年8月25日(木)
ラッキーキャット ミント2017年11月10日(木)
ラッキーキャット メイ2018年9月22日(土)
ラッキーキャット ハナ2020年2月1日(土)
ラッキーキャット チョコ2021年2月26日(金)

本坊酒造はマルス信州蒸留所とマルス津貫蒸留所、2つのウイスキー蒸留所を所有していますが、この「ラッキーキャット ハナ」は信州蒸留所で作られたウイスキーとなります。

ラッキーキャットシリーズは本坊酒造と実際に関わりのある猫ちゃんがモデルになっており、ボトルの名称にもなっている「ハナちゃん」は2017年に本坊酒造オーナーに引き取られた雌(メス)の猫ちゃん。

ボトルのラベル(下記画像)に付いている猫ちゃんが実物のハナちゃんになります。

本保酒造オーナーの飼い猫ハナちゃん

「ラッキーキャット ハナ」はマルス信州蒸留所で作られた原酒を、その後にオロロソシェリー樽でフィニッシュ(再熟成)されて作られたウイスキー。

◇フィニッシュとは
樽で熟成途中の原酒を他の樽に移し変えてフィニッシュ(再熟成)すること。再熟成の期間は銘柄によって異なるが、数ヶ月から1年ほどおこなうことが多い。

温厚で優しいハナちゃんをイメージして、甘くお菓子のような味わいをイメージして作られているとのことです。

 

ザ・ラッキーキャット ハナの現在価格・入手方法

「ラッキーキャット ハナ」のネット上での現在価格は¥15,000〜となっています。

もともと3,000本のみの限定生産、すでに販売が終了してから時間が経過していることもあり、希望小売価格の3倍ほどのプレ値で取引されています。

私はたまたま大手酒屋の特別販売で定価購入することができましたが、今となっては実店舗で販売されることはかなり稀。なので、どうしても入手したい方はネットでプレ値を購入するしかないのが現状です。

 

ザ・ラッキーキャット ハナの評価レビュー

ザ・ラッキーキャット ハナ-味の評価レビュー

テイスティングノート

香り:フレッシュなバーボン樽香、メープルシロップ、焦がしたカラメル、ほんのりコーヒーとレーズン

味わい:甘くフローラルな蜜、華やかでアロマなスパイス、自然豊かな大地を感じる土

余韻:甘い蜜感、クリーミーでまろやかな感触がしばらく続く

評価

4.5
飲みやすさ
5
価格(定価)
3.5
入手難易度(定価)
1

この価格帯(定価)ではトップクラスに美味しいウイスキーです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、久々に感動するレベルのブレンデッドウイスキーに出会ったと感じました。

口触りはトロっとしていてオイリー、甘さ強め、程よいスパイス感、時間が経つにつれて現れる心地よいほんのりとした苦味。

ボトルの裏ラベル(下記画像)にも書かれていたとおり、穏やかで優しいハナちゃんをイメージした甘くまろやかな味わいのウイスキーです。

テイスティングノートに書いたとおり “大地を感じる土” のような味わいを感じますが、個人的には全然嫌な風味ではなく、お菓子の甘い味を引き立てる絶妙なマッチングという印象。

オロロソシェリー樽でフィニッシュされているようですが、シェリー特有のレーズン風味はかなり控えめ。そのため、シェリー感が強いウイスキーによくあるゴムみたいな風味のネガティブ要素も一切ありません。

カラメルの風味が強いことから考えると、セカンドフィル以降のシェリー樽を使用しているのかもしれません。

マルスのウイスキーは「越百」や「岩井」など、独特なクセを持っているイメージがありました。しかし、このハナちゃんに関しては万人に好まれる非常に飲みやすいウイスキーだと思います。

「ラッキーキャット ハナ」は限定生産なので、現在は販売終了している点が残念ですが、有名な同価格帯のブレンデッドウイスキー「サントリー響JAPANESE HARMONY」と比較しても全く遜色ないレベルの完成度です。

全然味の特徴が違うウイスキー同士で比較することがそもそも間違いかもしれませんが、個人的には響よりもこのハナちゃんの方がドストライクな味わいで好み。

もし定価で購入できるなら5本ぐらい買っておきたい。。ハナちゃんのラベルめっちゃ可愛いですし!

 

ザ・ラッキーキャット ハナ おすすめの飲み方

「ラッキーキャット ハナ」はストレート、もしくは数滴加水で飲むのがおすすめです。

アルコールを全然感じないまろやかな味わいなので、ストレートが苦手な人でも飲めるのではないかと思います。

甘さ強めのウイスキーなので加水との相性も良いですが、トワイスアップまでやるとせっかくの濃厚な甘い蜜感が薄くなってしまうので、水を数滴コップに垂らすくらいがちょうど良いように感じました。

◇トワイスアップとは
ウイスキーと常温の水を1:1で割る飲み方。ストレートよりも香りを感じ安くなるのが特徴。

あくまで個人の感想ですが、よろしければ参考にしてみてくださいね!

コメント