スコッチウイスキーのおすすめ銘柄まとめ

【違い】焼酎ハイボール・ハイボール・チューハイ・サワー

ハイボール・焼酎ハイボール・チューハイ・サワーの違いお酒

焼酎ハイボールとハイボールってなにか違うの?

居酒屋のメニュー表でレモンハイとレモンサワーが別々に書かれてるけど違いがよく分からない。。

上記のような疑問を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

この記事では焼酎ハイボールとハイボールの違い、チューハイとサワーの違いを分かりやすく紹介しています。

よろしければ参考にしてみてくださいね!

 

ハイボールと焼酎ハイボールの違い

種類意味
ハイボールウイスキーを炭酸水で割ったお酒
焼酎ハイボール焼酎を炭酸水で割ったお酒

もう本当に名前のまんまなのですが、

「なんで焼酎ハイボールとかいう紛らわしい名前にするんだよ・・・」

なんて思いますよね。

実はそれにはしっかりとした理由が存在するのです。

 

ハイボールはカクテルの名称

日本ではハイボール=ウイスキーと炭酸水を割ったお酒という認識しかありませんが、実はハイボールはカクテルの一種なんです。

ハイボール (Highball) とはカクテルの名称。ウイスキーをソーダ水で割ったもの(ウイスキー・ソーダ)が元祖であるが、広義ではスピリッツ、リキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料や、フレッシュジュースなどアルコールの含まれていない飲料で割ったもの全般を指す。日本では焼酎やウォッカなどをベースとしたカクテルを焼酎ハイボール(チューハイ)と呼んでいる。

引用元:Wikipedia

なるほどと思いますが非常にややこしい。

なので日本においては、ハイボールはウイスキーの炭酸水割り、焼酎ハイボールは焼酎の炭酸水割りと覚えておくだけで十分かと思います。

そして上記の引用にも書かれていますが、焼酎ハイボールとチューハイは同じ物を指します。詳しくは次の章で解説したいと思います。

 

チューハイとサワーの違い

種類意味
チューハイ焼酎ハイボールに果汁を足したお酒
サワースピリッツ系(ウォッカなど)に果汁を足したお酒

前章でも書いたとおり、分類的にはチューハイと焼酎ハイボールは同じ物になります。

しかし実際は、チューハイ=焼酎ハイボールにフルーツの果汁を足したお酒という認識で使われることがほとんどです。

フルーツの種類に関わらず果汁が入っている缶のお酒を多くの人はチューハイと呼びますが、お茶で割られた缶のお酒は緑茶割り・緑茶ハイなどという名称で呼ぶ人が大半ですよね。

なので日本においては、チューハイ=焼酎と炭酸水に果汁が入っているお酒と覚えておけば大丈夫です。

 続いてサワーですが、こちらは焼酎ではなくウォッカ・ジン・ラムなどのスピリッツ系(蒸留酒)を使ったお酒になります。

最近ではストロング系というアルコール度数9%のお酒がよく販売されていますが、あれらは焼酎でなくウォッカで作られているお酒です。(下記などがそう)

ストロング系のお酒はチューハイとして販売されていますが、厳密にはサワーというジャンルに分類されます。

チューハイというジャンルは酒税法でも定められていないため、お酒を販売するメーカーがこれはチューハイだと言えばウォッカ・ジン・ラムを使ったお酒でもチューハイに含まれてしまうというのが現状です。

メーカーからしたら「サワーよりチューハイって言ったほうが多くの人に伝わりやすい」という考えもあるのかもしれません。

なので正直チューハイとサワーの違いを明確に示すのは難しいのですが、サワー=スピリッツ(蒸留酒)に果汁を入れて作ったお酒と覚えておけば雑学として役立つかと思います。

 

居酒屋のレモンハイ・レモンサワーの違い・アルコール度数

種類意味
レモンハイ焼酎・炭酸水・レモン果汁で作られているお酒
レモンサワースピリッツ(蒸留酒)・炭酸水・レモン果汁で作られているお酒

先ほど解説したチューハイ・サワーの違いとまったく同じですが、居酒屋に置かれているレモンハイ・レモンサワーの違いは上記のようになっています。

店によっては中身に関わらずどちらかの名称に統一しているところもありますが、メニュー表にレモンハイとレモンサワーが別々に書いてあったら違いがあるんだなと思い出していただければ!

アルコール度数の違いに関しては居酒屋の割合次第なので正直なんとも言えません。

が、原料のお酒だけ考えるとレモンハイのほうがアルコール度数が低いです。

種類アルコール度数
焼酎20〜25度
ウォッカ40度
ジン40〜50度
ラム40〜50度

サワーに使われる蒸留酒は基本的にアルコールがかなり高いです。

居酒屋ではお酒の度数に応じて分量を調整しているため、レモンハイ・レモンサワーのアルコール度数の違いはさほどないと思います。

ですが、自分で作る場合はウォッカなどの蒸留酒を使うサワーのほうが度数高めに作りがちなので気をつけてくださいね!

 

まとめ

種類意味
ハイボールウイスキーを炭酸水で割ったお酒
焼酎ハイボール焼酎を炭酸水で割ったお酒
チューハイ焼酎ハイボールに果汁を足したお酒
サワースピリッツ(蒸留酒)に果汁を足したお酒

ハイボール・焼酎ハイボール・チューハイ・サワーの違いをまとめると上記のようになります。

参考になれば幸いです!

コメント