【click!】スマホで稼げるおすすめの配信アプリ

トマトジュースは寝る前に飲むのが理想!効果を分かりやすく紹介

トマトジュース-寝る前-効果 生活

わたしは健康のために毎日1杯トマトジュースを飲むことにしています。

正確にはトマト要素がめちゃくちゃ強い野菜ジュースを飲んでいます。

 

わたしのことはどうでもいいですね、すみません。

 

この記事では、生のトマトよりもトマトジュースの方が栄養素が高いトマトジュースは寝る前に飲むのが最も効果的などについて解説しています。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

生のトマトよりもトマトジュースの方が栄養素が高い!?

トマトに含まれる栄養素でもっとも注目されるのはリコピン。

美容・健康目的でトマトを摂取する人の大半はリコピン目当てかと思います。

実はそのリコピン、生のトマトよりもトマトジュースやケチャップの方が多く含まれているのです!!

新鮮な生トマトより加工されたトマト製品のほうが多いなんて信じられない。だって普通に考えておかしくない?

そう思う方もいるかと思います。

理由は単純、生食用と加工用でトマトの種類が違うからです。

生食用トマトはスーパーで売られているので見たことあるかと思いますが、加工用トマトは生食用よりももっと真っ赤な色をしています。

トマトの赤い色はリコピンの色素によって生み出されています。つまり赤が濃いトマトほどリコピンの含有量が多いのです。

赤色の濃さ=リコピンの量と思っていただければ分かりやすいかと思います。

そして重要なリコピンの含有量ですが、生トマト、トマトジュース、ケチャップごとに以下のグラフのようになっています。

リコピンの含有量-生トマト-トマトジュース-ケチャップ
画像引用トマトの栄養 | ナガノトマト

見てのとおり、大きな生トマト2個と小さな缶のトマトジュースに含まれるリコピンの量が一緒なんです。

最も少量で効率的にリコピンを摂取できるのはケチャップですが、ケチャップを舐めるのはさすがにきついので触れないでおきます。

トマトジュースやケチャップは嫌いだからどうしても飲みたくない!

そんな人は生トマトからリコピンを摂取するのもありですが、出来るだけ加熱して食べたほうが良いです。

リコピンは加熱することによって吸収率が高まるので、効率よく摂取するならトマトスープなどがおすすめですよ!

 

トマトジュースに含まれる栄養素

トマトジュースに含まれるすべての栄養素を書くとキリがないので、美容健康に良い成分をピックアップして紹介します。


  • リコピン
  • カリウム
  • GABA
  • 各種ビタミン(商品による)

リコピンは後ほど詳しく紹介するので説明を省きます。

カリウムは人間が生きていくうえで欠かせない栄養素。利尿作用でナトリウムや老廃物を排泄する効果や血圧の上昇を抑制する効果が期待できます。

GABAには高すぎる血圧を下げる効果。

各種ビタミンはトマトジュースの種類によって含まれていたり含まれていなかったりします。

だいたい含まれているビタミンCには美肌効果、風邪を予防する免疫機能を高める効果があります。

 

トマトジュースの美容・健康効果

成長ホルモンを分泌

トマトジュースに多く含まれるリコピンには、成長ホルモンを分泌させる効果があります。

そして成長ホルモンには代謝を上げる効果があるため、身体の燃焼率がアップされダイエット効果も期待することができます。

当然ながら成長ホルモンには身長を伸ばす効果も含まれているので、トマトジュースは成長期の子供との相性も抜群です!

 

アンチエイジング

トマトジュースに多く含まれるリコピンには抗菌化作用も含まれています。

抗菌化作用には身体の老化を防ぐ効果があるため、顔のシワ・シミ・たるみを予防することが可能です。

抗菌化作用には美白効果も期待できるので、美白に興味がある人は必見!

参考記事:抗酸化物質の肌への効能 – SK-II

 

トマトジュースは夜寝る前に飲むのが最も効果的!

トマトジュースは夜寝る前に飲むのが最も効果的です。

寝ている間に成長ホルモンを分泌させるのがベストなので、寝る数時間前に摂取することをおすすめします。

摂取する時間についてはいろいろな意見がありますが、わたしは就寝1時間半前〜2時間前にトマトジュースを飲むことに決めています。

トマトジュースは無塩無糖のものも販売されているので健康を気にしている人でも夜問題なく飲むことが可能ですよ!

よろしければ参考にしてみてくださいね!

コメント